2段階発ガン説

 ガンになるまでには、二つの段階があるといわれています。

 < 第1段階 >

 細胞の遺伝子がキズつき、ガンの大元ができる(イニシエーション)

 イニシエーター(初発因子)によって、細胞の遺伝子がキズつき、ガンの大元ができます。

 イニシエーターとしては、化学物質、放射線、紫外線、ウイルス、タバコなどがあると言われています。

 < 第2段階 >

 大元のガンが大きくなっていく(プロモーションと免疫力の低下)

 イニシエーションの状態の細胞を刺激し増殖させて、ガン(悪性腫瘍)になるわけです。

 プロモーションに関与するものをプロモーター(促進因子)と呼びます。

 プロモーターは、食生活(35%)、タバコ(30%)、慢性感染症やウイルス(10%)という研究結果があります。

 また、本人の免疫力が低下することも、ガンを大きくします。食事やタバコだけでなく、過労、睡眠不足、ストレス、心の持ち方などが影響します。

 第1段階の「細胞の遺伝子がキズつき、ガンの大元ができる」ことを、完全に防ぐことはできません。生きている限り、毎日、自然に発生しています。

 発ガン物質は、大部分が自然の産物らしいです。私たちの身のまわりにたくさんあり、微量ですが食べ物にも含まれており、タバコにも多くのニトロソアミンが含まれています。

広告を非表示にする