20行ショートVOL118花火

大きな音が、耳を揺する。

いつもは気持ちのいい音も、今日に限っては空しく響くだけだ。

夏の風物詩、花火大会。

裕也はここ3年、毎年恋人の洋子と見物していた。

二人は、秋に結婚する予定だった。

だが、マリッジブルーに陥っていた洋子と、一週間前に些細なことで喧嘩してしまった。これまで、喧嘩なんてしたことなんてなかったのに。

私、あなたとは合わないわ

最後に言った洋子の言葉が、今も耳から離れない。

たった一度の喧嘩で、それも結婚を間近に控えていたというのに。

裕也は、いつも洋子と見物していた場所から、ぼんやりと夜空に広がる光の欠片を見つめていた。

家に閉じこもっていても気が塞ぐばかりなので、ついふらふらと足を運んできたのだ。

花火を見上げていると、横に洋子がいるような気になる。

裕也の右手は、つい洋子を探って動いてしまった。

その手が、いきなり握られた。

裕也が、びっくりして横を見る。

あなたがここにいたら、もう一度やり直そうと思って

そこには、浴衣を着てはにかんだように立っている、洋子の姿があった。

裕也が、無言で洋子を抱きしめた。

真実の恋?現在連載中

夜の世界に慣れていない、ひたむきで純粋ながら熱い心を持つ真まことと、バツ一で夜の世界のプロの実桜みおが出会い、お互い惹かれあっていきながらも、立場の違いから心の葛藤を繰り返し、衝突しながら本当の恋に目覚めてゆく、リアルにありそうでいて、現実ではそうそうあり得ない、ファンタジーな物語。

真実の恋?を面白く読んでいただくために

恋と夜景とお芝居と

ふとしたことから知り合った、中堅の会社に勤める健一と、売れない劇団員の麗の、恋の行方は?

絆猫が変えてくれた人生

会社が倒産し、自棄になっていた男の前に現れた一匹の黒い仔猫。

無二の友との出会い、予期せぬ人との再会。

その仔猫を拾ったことから、男の人生は変わっていった。

小さな命が織りなす、男の成長と再生の物語。

プリティドール

奥さんが、元のトップシークレットに属する、ブロンド美人の殺し屋。

旦那は、冴えない正真正銘、日本の民間人。

そんな凸凹コンビが、が開発中に盗まれた、人類をも滅ぼしかねない物の奪還に動く。

ロシア最凶の女戦士と、凶悪な犯罪組織の守り神。

世界の三凶と呼ばれて、裏の世界で恐れられている三人が激突する。

果たして、勝者は誰か?

奪われた物は誰の手に?

短編小説夢

短編小説ある夏の日

短編小説因果

中編小説人生は一度きり

20行ショート小説集

僕の好きな1作シリーズ

魔法の言葉集