凡ての人間の憧憬は発展への憧憬であって

凡ての人間の憧憬は発展への憧憬であって、これが為めにこそ人は成長し、恋愛し、夢想し、奮闘し、労働し、思索し、また自己を修養する。